FC2ブログ
大地震、原発からの逃避 北海道移住を決めました
もずの夢へようこそ♪





にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ


夕凪の街 桜の国
2007年07月15日 (日) | 編集 |
私が小中学生の頃、夏になると戦争、原爆投下
が描かれた映画やアニメなどを見させられる機会
が多かったし、もちろん一般のメディアでもとりあげ
られます。

今年の夏も原爆投下された広島を舞台にした
「夕凪の街 桜の国」という映画が公開されるそうです。

「夕凪の街 桜の国オフィシャルブログ」を読んで
投下された後に生きる人たちに残った傷跡、
原爆の傷はとてつもなく広くまた根が深く人々に
残したんだなあ。
また色んな人が色んな傷を負って生きている。
そんなことを考えさせてくれるような映画な気がします。

わが国に起こった悪夢を時とともに風化させないため、
二度とこのような悲惨な出来事を起こさせないためにも
永遠にこのことは語り継がれていかなければならないと
思います。

私の祖母は戦争経験者だったため、ものに対する大切さ
「もったいない」精神が強かったです。
子供のころ、そんな祖母を見て育ったせいか、私も
もったいない精神を引き継いでいるような気がします。
悪く言えば貧乏性ですが、簡単にものが手に入ってしまう
今の時代、ものに対する「感謝」という気持ちを持つこと
はとても重要なことなんじゃないかなと思います。

この映画を見て、戦争の悲惨さを新たに心に刻み付けて
平和に感謝しながら生きていきたいと思います。

気になった方は「夕凪の街 桜の国オフィシャルブログ」
をご覧になってみてください。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック