FC2ブログ
大地震、原発からの逃避 北海道移住を決めました
もずの夢へようこそ♪





にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ


引きこもり生活も、もうすぐ終わり
2009年03月30日 (月) | 編集 |
昨日は久々に布団を干しました

私の花粉センサーが弱まったから

それでも、一応花粉よけのスプレーはしっかりと噴射

日に日に暖かさを感じるようになるこの季節は普通気分も
上向きで、桜も咲いてお出かけしたい気持ちになるんでしょうけど
花粉症の人たちはそうもいかないですよね。

あともう少しの辛抱かな

引きこもりの生活は正直そんなに嫌いじゃないけど

やっぱり、太陽の光と新鮮な空気はパワーをもらえるんですよね

それでも、外出するのが億劫になっていたり

人と会うことが面倒と感じるときは

自分のエネルギーが弱って疲れているとき

無理に外出せず、家で休息するのが1番だそうです

観葉植物を置くのも良いそうですよ
スポンサーサイト



毎日やってくる人たち
2009年03月25日 (水) | 編集 |
デパートに限らず、お店だったらどこにでもいる常連のお客さま

でも、常連といってもいろいろとある

なかには、毎日来ていても1度も買い物をされない方もいる

そういう方々の目的もさまざま

1番多いのは試食が目的

それでも、試食してもらうことでサクラとなり
それが、人を集める効果もあるので悪いことでもない

変わってる常連というと、毎朝やってくる初老の男性

大きな声で、店のプライスカードを読み上げたり
元気か?とか、いろんな挨拶を大きな声で言いながら
店内の決まったコースを歩いて回る

所要時間は10分程度

終わると、また違う店へ向かうらしい

目的ははっきりしていない

でも、害はないので逆に来るのがいつもの時間より
遅かったりするとちょっと心配になったりもする(笑)

しかし、毎日毎日よく続くなぁと思う

雨の日も風の日も・・・

もしかしたら、これが彼らの仕事なんじゃないか
と思うくらいだ


こういう仕事をしていると百人百様の人間模様が見られて
楽しいし、ちょっとした人生勉強になったりもする
愛情を必要としているのか、与えなくてはいけないと感じているのか?
2009年03月12日 (木) | 編集 |
江原さんの本の中に心理テストがありました。

“幸運”と“自分”をつなぐスピリチュアルセルフ・カウンセリング



木の箱の中にあるもの。

イメージしたのは「ハート」

その場合、愛情を必要としているのか、
与えなくてはいけないと感じているのか?

でした。

私はどちらなんだろう?

私は好んで1人を選びました。

人と一緒にいるとストレスになるのです。

でも、その結果傷ついた人もいます。

そのことに罪悪感も感じています。

はたして、私の場合、深層心理では愛情を必要と
しているのでしょうか

それとも、残してきた人に対しての罪悪感から
与えなくてはいけないと感じているのでしょうか

あるいは、その両方なのかもしれませんね。

江原啓之から、あなたに贈る手紙


テーマ:独り言
ジャンル:その他