FC2ブログ
大地震、原発からの逃避 北海道移住を決めました
もずの夢へようこそ♪





にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ


Mother
2010年06月24日 (木) | 編集 |
久々に心に響くドラマを見た

松雪泰子主演の「Mother」
最終回の視聴率は16.3%

雑感ランキング

親子の絆、血のつながり、魂のつながり
宿命、運命、母性、愛情

主演の松雪泰子と子役の芦田愛菜の演技が
とにかく素晴らしかった

自分の幼少時代の母の記憶
今は亡き母との思い出が自然に蘇り、重なり
何度も涙した

母の手のぬくもり、抱きしめられた感触

私は母性を経験することもなく
もうすぐ母の歳を越してしまう




母親役の奈緒は10年後の継実宛にと手紙を渡す
二十歳になった継美に出会うことを夢見て

私も願う
また、母の子どもとして生まれ変わりたいと

スポンサーサイト



テーマ:ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
架空請求詐欺
2008年02月12日 (火) | 編集 |
架空請求詐欺と竹山のバトル面白かったです。
なかなかやるじゃん竹山!ってちょっと見直し
ちゃいました。
ちょっとスッキリしましたよ。
それにしても、33億もの被害があるなんて凄い
ですね~。許せないっす
いやはや、何で世の中にはあんなに悪者が
多いんでしょうか。
憤慨します。
そういう私もオークション詐欺にあったことがあります。
その被害総額25万円(泣)
騙すほうも悪いけど、騙されるほうも悪いのかな・・・
でも、やっぱりくやしいーーーーーです
テレフォンショッキング ハプニング集(1980年代編)
2008年01月04日 (金) | 編集 |
1983年4月14日、小森和子が次回ゲストのイルカの
電話番号を言ってしまった。
1983年12月1日、佳山明生がゲスト出演した放送で、
佳山が登場する直前に男性関係者がステージに乱入し、
ゲスト席に座り込んだ。
タモリは当初、何がなんだか分からない様子だったが、
「君、どうしたの?何か話したい事あるの?」と冷静に彼に
話し掛けていた。しかし異変を感じ取った観客は大きく
ざわめき出し、スタッフが男を取り押さえることで事なき
を得る。タモリも事後、事態を理解し「びっくりしたー!」と
安堵。さらに桂文珍がアドリブで出てきて「番組を続けて
続けて!」と盛り上げ、混乱した会場の空気を和ませた。
ちなみにその青年は、「今年の芥川賞の選考結果」
について視聴者に意見を発表したいと考えていたそうで、
取り押さえたスタッフがその意見を一応聞いたが警察に
引き渡したと後日タモリが番組で語っている。
これをきっかけにスタジオアルタの警備がさらに厳重に
なったとされる。現在会場の警備はガードマンのほか、
「本多芸能」、「BEEPS(ビープス)」という会社の社員や
アルバイトが担当。
黒柳徹子、有吉佐和子、明石家さんまが、本コーナーに
与えられた時間を大幅に上回ってトークを行った。
1984年3月14日、黒柳出演時には46分間トークした
(これは当時のプロデューサーの横澤彪に続けるように
言われたから、と2回目に出演した時に黒柳本人が
言っていたが、真相は不明)。この記録は破られていない。
2005年12月16日に22年ぶりに出演した際も39分間トークし
先を急いだタモリが次回の滝沢秀明との電話で、
金曜日にも関わらず「明日来てくれるかな?」と間違えて
しまった。エンディングでも「明日も見てくれるかな?」と発言
しかも金曜レギュラーも観客もまったく気づいた様子が
なかった。ちなみに黒柳2度目の出演については、前回の
例やタモリとの親密な仲(「徹子の部屋」年内最終放送に
タモリが毎年出演)からトークが長くなりそうなことが
スタッフ間で予測できていたためか、CM前には「まだまだ
続くのか!?テレフォンショッキング!!」と左下にテロップが
表記されるなど、ある程度の余裕があったように思われる。

笑っていいとも!秘密のつながりグランプリ

雑感ランキング

一般人がゲストとして出たこともあったんですよ~。
続きは↓

[続きを読む...]